パート行きたくない!人間関係が最悪!2つの体験談

パート先の人間関係がドロドロで、パートに行きたくないと悩んでいませんか?パート仲間も既婚の主婦が多く、女性が集まれば噂話や悪口で盛り上がるのは分かるのですが、自分はそういうのが本当に苦手で、毎日本当に苦痛で仕方がない。

そんなあなたと同じような環境を克服した方々の体験談をご紹介いたします。

部署替えで解決

スーパーで働いていたのですが、毎日毎日本当にパートに行きたくなかったです。理由はやはり人間関係。休みの日の夜になると毎回、「明日行きたくないな」とお腹が痛くなるくらいでした。

アラフォーの主婦が多かったのですが、とにかく愚痴が多く、その場にいない人の悪口やウワサ話ばかり。仕事面では何も問題がなかったのですが、とにかくそれが苦痛で仕方がありませんでした。

上司もそれは把握していたので、ダメ元で相談してみました。すると、それまで私は裏方の担当だったのですが、表の仕事をに変えてくれることに。いわゆる部署替えをしてくれたのです。

その部署にももちろん苦手な人はいますが、前の部署とは比べ物にならないくらい、今の職場のメンバーは親切です。同じ主婦でも、これだけ考え方が違うのだなと驚きました。

ポジティブな雰囲気が漂う部署に移動できたおかげで、精神的にも楽になり、パートに行くことが楽しくなりました。転職ではなく部署替えで問題が解決できたので、私はラッキーだと思っています。しかし、何事も向上してみる価値はあるなと今回実感しました。

病気になる前に辞めた

ファミレスで働いていたのですが、とにかく店長との関係が最悪でした。頭ごなしに物を言う人で、上から目線でてくるような口調でした。

同僚は様々な年代の人が働いていたので、誰にも相談ができなくて、本当に毎日パートに行きたくないと思っていました。

ある日あるトラブルがきっかけで、本当に働けないと思い、その場で直接店長に、パートを辞めたいということを告げました。制服を洗濯して返却しなければいけないので、一度はまたパート先に行かなければならないのですが、二度と店長の顔を見ることがないと思うと、せいせいしました。通常なのであれば、次のパート先を見つけてから辞めた方が良いのですが、我慢できませんでした。

でも、今でも後悔していません。あのまま続けていたら、ストレスが溜まって精神的に病んでしまっていたと思います。病気になる前に辞めれてよかったです。

今はしばらく専業主婦をしながらネットの求人を見ている状態です。

 

人間関係はどの職場に行っても少なからずあるとは思いますが、我慢の限界が来て精神的に追い詰められる前にやめてしまうのも一つの方法かと思います。病気になっては元も子もありません。

今は、在宅でできる仕事や、派遣会社に登録して仕事を紹介してもらうこともできます。様々な方法がありますので、自分の今の状況を変えるためにも一歩を踏み出してみましょう。