パート行きたくない!休むのは悪いことではない!

誰でも働いていると、今日急に休みたいと思う時はありますよね。ただ、急に休むとやっぱり自分の信用を落としてしまうのか、責任がない人と思われてしまうのが不安で、そんな簡単に会社を欠勤することができないと悩んでいる方に、いくつかの解決策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

無理に行く必要はない

無理に行く必要はないといえば、すごく無責任な言い方に聞こえるかもしれません。ただ寝坊してしまって、「休んじゃえ」と簡単に休んでしまうのは、自分の信用を落としかねない無責任な行動だと思いますが、もしも、本当にあなたがパートに行きたくないと思っているのであれば、休んでもいいと思います。

毎日そういう自分の気持ちを無視して、無理してパートに行ってしまうと精神的にストレスが溜まってしまって、心を病んでしまうかもしれません。「もうだめだ限界だ」と思ってしまうほどなのであれば、それはあなたの心に限界が来ている証拠です。

それなのであれば、1日でもいいので休んでリフレッシュして新たな気持ちで仕事に取り組むことの方が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

転職も考える

そこまでパートに行きたくないと強く思ってしまうのは、必ず原因や理由があります。仕事の内容や、人間関係があなたに合っていないのかもしれません。なぜなら、仕事が楽しければそこまで仕事に行きたくないという気持ちにならないからです。

ただ、今すぐ退職をしてしまうと、次に仕事が決まるまでに考えてしまいますので、給料面のことを考えると現実的ではありません。ですので、今の時点から転職をするということを念頭において、派遣会社に登録するなり、ネットの求人をこまめにチェックするなりして、準備をしておくことが重要です。

派遣会社に登録するメリットとしては、これまでの自分の職歴や条件などを考慮して仕事を見つけてもらえることです。最初に条件などを設定しているので、終業後に大幅に就業環境が違うということも発生しにくくなります。また就業後に何かトラブルがあっても間に担当者の方が入ってくれるので直接会社の方と話をする必要がありません。精神的に楽だと思います。

 

あまりにも精神的に辛いのであればパートに行きたくなくて休むことは、ある程度であれば許されると思います。

ただ、なぜ自分がそこまで仕事に行くのが辛いのか、本当の自分の思いを冷静に分析してみることが重要です。必ず理由や原因があるはずです。

そこから目を背けてしまうと、いつまでたっても今の状況から抜け出すことはできません。ですので1日でもしっかり休んで、物事を前向きに捉えてみてください。