パート事務に行きたくない時の2つの解決策

結婚後パートの事務仕事をしているが、最近全ての事に疲れてしまって、仕事に行きたくなくなってしまっていませんか?旦那の給料だけではやっていけないので、自分も働かないといけないのはもちろん分かっていますが、毎日このような気持ちを抱えながら仕事をするのは、大変辛いことです。今回は、あなたと同じような境遇の方で、どのようにそれを乗り越えてきたのか、いくつか体験談を紹介します。

派遣会社を通して転職した

パート事務の仕事にはやりがいを持っていましたが、どんどん仕事を任されるようになり、次第にそれが苦痛になってきました。仕事をあまりしない人との時給も全く変わらないので、それについても不満です。それを上司に言っても全く改善してくれず、ますます上司との人間関係は最悪になってしまいました。

このままでは正直、精神的にも体力的にも持たないと思いましたので、思い切って転職しました。アラフォーでしたので仕事が見つかるかどうか不安でしたが、派遣会社に登録して、現在は別の会社でパート事務として働いています。

派遣会社を通しているので、労働条件も就業する前にきちんと決められています。ですのできちんと自分で納得してから就業できるので、その点は非常に安心です。会社に対して何か不満な点があっても、派遣会社の担当者が間に入ってくれるので、自分で会社と交渉する精神的な負担もなく、転職して正解だったと思っています。

在宅で仕事を開始してストレス激減

専業主婦ではなく働いている方が好きなので、結婚後は求人雑誌で見つけたパート事務をしていました。初めの頃は残業がなかったのですが、次第に残業が増えてきて、しかも仕事にはそれなりのスピードと正確さが求められます。

もちろん残業代はもらえるのですが、帰ってから体がクタクタで、何もやる気が起きませんでした。無理をして続けることもできましたが、体を壊してしまっては元も子もないので、病気になる前にやめました。

現在は在宅で仕事をしています。ネットで求人を見つけたのですが、在宅でデータ入力の仕事です。パートに行っていた頃は、毎日満員電車に揺られて通勤するのが苦痛だったのですが、もちろん在宅ですのでその必要もなし。通勤時間も必要ないので、ストレスが激減しました。

担当者とのやり取りはもちろん必要ですが、パート時代に感じていた、人間関係の煩わしさもありません。デメリットといえば、在宅で仕事なので、気持ちの切り替えをきちんとしないと、ダラダラ時間が過ぎてしまうのには注意をしないといけません。

 

会社で働いていると、誰でも仕事に行きたくない時はありますよね。でもその状態が毎日続いてしまえば、苦痛で仕方なくなってしまいます。ヘタをすれば精神的に病んでしまうかもしれないので、早めに対策をしましょう。会社で働くことだけではなく、今は在宅でのお仕事も増えてきていますので、こまめにネットで探してみてください。